義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 30日

伝書鳩

カワラバト(ドバト)を改良したもので 伝書鳩として江戸時代に日本に輸入されたそうです
電話や無線が無かった頃 通信手段として重宝されていました  現在は「レース鳩」に使われています
名称は灰色系、黒色系、栗色系、白色系、モザイク系等に分けられます
また翼に二本の線があるものは「二引き」と言います
翼にゴマをまぶした様な斑点のあるものを「胡麻」と言います 灰胡麻、栗胡麻、黒胡麻等があります
写真の鳩の名称は? この色合いは? 初めて見たので驚いています 2014年の春の新作か? 最新のファッションか?
c0320588_22182836.jpg
c0320588_22184889.jpg
c0320588_22192505.jpg
c0320588_22195298.jpg
c0320588_22201354.jpg
1964年の東京オリンッピクの2~3年後位が年間脚環登録(血統書)羽数400万羽弱で この頃がピ-クでした
私は故郷の熊本でそれより10年位前から兄貴と三十羽位の伝書鳩を飼育しレースに参加させていましたので説明が
つい長くなってしまいました


by y-murakami3 | 2014-01-30 23:05


<< ゴジュウカラ      ウ ソ >>