義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 15日

キレンジャク

L=19.5cm (和名=黄連雀)
ムクドリより少し小さい。
冬季に越冬のために飛来しますが、年によって不定期ですが昨年は少なかったそうです。
体は主に赤みのある灰褐色で、頭部には長い冠羽があります。
腹の中央も灰褐色で、過眼線の黒色は冠羽まで達していません。
翼は黒く、白色と黒色の班があり、次列風切羽の先端には赤いろう状の突起物があります。
喉の黒色部の境界が明確で、尾の先端の黄色が幅広い。
Yさんのブログで青空をバックにドアップされたキレンジャクを見たのは4年と1日前、
何時か私もと張り切っていましたが、現実は厳しく今回は小川の向こうの遠いズミの木にいました。
おまけに手前のズミの木と被って最悪の条件でしたが、チョットの間だけ抜けた所に出て来てくれました。
それからウソを撮りながら1~2時間位待ちましたが結局そこからは離れませんでした。
レンジャクからすればズミの実が沢山あるので他の木に行かなくとも採餌出来るのですね。
           最初はこんな感じでしたが・・・
c0320588_20494458.jpg
c0320588_20502312.jpg
c0320588_20520388.jpg
c0320588_20523968.jpg
c0320588_21523608.jpg
c0320588_21530312.jpg
c0320588_21535144.jpg
c0320588_21541361.jpg
c0320588_21543649.jpg
c0320588_21545538.jpg


by y-murakami3 | 2014-03-15 12:31


<< コミミズク      ベニヒワ >>