義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

キビタキ

キビタキ♀は公園内に4~5羽いますので割りと撮り安いのですが、キビタキ♂は2羽しかいませんし中々撮らせてくれません。
他の種類の鳥もそうですが、何故か♀よりも♂の方が神経質なのか臆病なのかあまり撮らせてくれません。
    キビタキ♂
c0320588_22065031.jpg
c0320588_22065891.jpg
    キビタキ♀
c0320588_22071207.jpg
c0320588_22071988.jpg
    ツツドリ
c0320588_22072770.jpg
赤色型は2羽いましたが撮れませんでした。
次回からはキビタキ♂にターゲットを絞りたいと思います。



by y-murakami3 | 2015-09-30 22:44 | Comments(0)
2015年 09月 28日

スーパームーン

マスコミで盛んにスーパームーンの話が出ていましたので、外に出て撮ってみました。
c0320588_23145144.jpg
    ツツドリ♀(赤色型)
先日から中々撮れなかったツツドリをやっと撮る事ができました。
シャッターチャンスは何度もあったのですがことごとく外れ、昨日はシャッターを1回も押すことなく撤退しました。
今日は自分にとっては珍しく早朝出勤し、現場で朝食を取りながら頑張りその甲斐あってか、たくさん撮る事ができました。
c0320588_22250131.jpg
c0320588_22235374.jpg
c0320588_22240017.jpg
c0320588_22240843.jpg
    エンゼルポーズをとってくれました。
c0320588_22241905.jpg
c0320588_22242639.jpg
c0320588_22243446.jpg
c0320588_22244466.jpg
c0320588_22245232.jpg
今日はご機嫌よかったのか何故か思いっきり撮らせてくれました。
この下にもう1羽隠れていましたが、この子は出てきませんでした。
鳥友も皆さん満足して笑顔で帰られました。
キビタキ♂も近くへ来てくれたそうですが、明日から捜してみます。


by y-murakami3 | 2015-09-28 23:18 | Comments(0)
2015年 09月 24日

メボソムシクイ

昨日はキビタキ♂が2時間おきに現れましたが、昼に急用が出来引き上げました。
その後昼と夕には出てきたそうです。
私は撮る事が出来ず、メボソムシクイ・キビタキ♀・センダイムシクイ・コサメビタキ・エゾビタキだけでした。
c0320588_21094641.jpg
c0320588_22244015.jpg
c0320588_22244689.jpg
c0320588_22245287.jpg
c0320588_22245799.jpg
c0320588_22250400.jpg
センダイムシクイは明瞭な白っぽい頭央線があり下嘴全体が山吹色です。
メボソムシクイは頭上は灰緑褐色で下嘴の低は広く黒色です。動きはセンダイムシクイほど俊敏ではありません。
今日はキビタキ♂は現れずキビタキ♀・センダイムシクイ・メボソムシクイ・ツツドリ3羽だけでした。


by y-murakami3 | 2015-09-24 22:47 | Comments(2)
2015年 09月 22日

センダイムシクイ

オオルリが去って2日目、コサメビタキもエゾビタキも居ませんでした。
遊んでくれたのは、センダイムシクイとメボソムシクイだけでした。
    センダイムシクイ
c0320588_21092764.jpg
c0320588_21093497.jpg
c0320588_21094004.jpg
c0320588_15450160.jpg
c0320588_15450958.jpg


この公園には毎年いろんな小鳥が来てくれるので、明日から又がんばります。


by y-murakami3 | 2015-09-22 21:18 | Comments(0)
2015年 09月 20日

オオルリ

キビタキ♂・オオルリ♂は旅立ったとみえ、本日は会えませんでした。
やむをえず昨日のオオルリを開示します。
c0320588_22442614.jpg
c0320588_22443306.jpg
c0320588_22443801.jpg
c0320588_22444616.jpg
c0320588_22445397.jpg
c0320588_22450434.jpg
c0320588_22451082.jpg
c0320588_22451525.jpg
本日はコサメビタキ・エゾビタキ・センダイムシクイ等が遊んでくれました。
林ではキビタキの♀が今日も会いに来てくれました。
情報ではツミが2羽いたそうです。



by y-murakami3 | 2015-09-20 22:48 | Comments(0)
2015年 09月 19日

オオルリ♂

待ちに待ったオオルリ♂が来園しました。昨年より1ヶ月早くなりました。
早朝は鳥の動きが全くなかったのですが、その内エゾビタキとコサメビタキが現れ遊んでいたらエゾビタキ3羽コサメビタキ2羽に
じょじょにシジュウカラ・コゲラまで集まって来ました。これらが50m位の範囲で飛び回り始めました。
N氏の「オオルリの雄だ!」の一声で的をオオルリに。
今日は明るい所に出てくれましたので皆さん満足して帰られました。
c0320588_22051170.jpg
c0320588_22052460.jpg
c0320588_22053905.jpg
c0320588_22054919.jpg
c0320588_22061058.jpg
c0320588_22062800.jpg
午後はキビタキ♂を捜しましたが、会うことは出来ませんでした。
ツツドリは相変わらず飛び回っていました。




by y-murakami3 | 2015-09-19 22:52 | Comments(0)
2015年 09月 17日

キビタキ

撮ったぞ~!と言いたかったのですが2~3枚しか撮れませんでした。
午前中は良好だったそうですが、私は昼頃出勤したので出会えませんでしたが北側にも出ているとの情報で
駆けつけました。こちらは完全な成鳥でした。
夕方近くに南側でも姿は確認できましたが、シャッタースピードが上がらず撮れませんでした。
この公園にはキビタキ雄2羽、雌3羽が確認されました。
    キビタキ♂ 今季初見初鳥!
c0320588_14240184.jpg
    キビタキ♀
c0320588_14241748.jpg
c0320588_14242573.jpg
  オオルリ♀は今回もピンが甘くて駄目、ツツドリも体全体を中々見せてくれませんでした。
  辛抱!辛抱ですね。



by y-murakami3 | 2015-09-17 14:41 | Comments(0)
2015年 09月 15日

キビタキ ♀

昨日の近くで、コサメビタキ・オオルリ♀・キビタキ♀・エゾビタキ・センダイムシクイ・コゲラ・シジュウカラ・
カワラヒワ・スズメと、これだけの種類が1時間以内に入れ替わり立ち替わりに来てくれました。

    キビタキ♀
c0320588_21562204.jpg
c0320588_21563006.jpg
    エゾビタキ
      (左下はキビタキ♀)
c0320588_21575079.jpg
c0320588_21573569.jpg
    カワラヒワ
c0320588_21595644.jpg
    センダイムシクイ
c0320588_22005766.jpg
    サンコウチョウ
       別の場所で久しぶりに!
c0320588_22014794.jpg
c0320588_22015677.jpg
  オオルリ♀は昨日と同じように逆光なので省略し又挑戦します。
  ツツドリは薄暗くなるまで粘ってみましたが、今日も撮らせてくれませんでした。
(追)本日キビタキ♂を撮った人がいますので、皆で捜しましたが見つかりませんでした。
 私が昨年この公園でキビタキ♂を撮ったのも同じ9月15日です。 すごいですね!


by y-murakami3 | 2015-09-15 22:12 | Comments(0)
2015年 09月 14日

ツツドリ

私用で昼近くに到着しましたが、先日とは打って変わって半袖では寒く感じられました。
午前中にはコサメビタキとツツドリが撮れたそうですが、私は姿も見ず1回もシャッターを押すことが出来ませんでした。
帰る前に以前散歩の際に見かけた正面入り口に向かったところ、目の前にツツドリが飛んで来ました。
近すぎたのでテレコンを外していたら飛ばれてしまい3枚だけ。
鳥運はまだ残ってました!すぐ近くでコサメビタキを見つけ大量に撮ることが出来ましたが薄暗くなってきたので撤収しました。
たくさん撮れましたので分散し開示させていただきます。
    ツツドリ
c0320588_23292395.jpg
    コサメビタキ
c0320588_23302227.jpg
c0320588_23302942.jpg
c0320588_23332800.jpg
c0320588_23303512.jpg
c0320588_23305188.jpg
c0320588_23301447.jpg
c0320588_23304175.jpg
    オオルリ♀が何度も喧嘩?を仕掛けてきます。仕掛けた後暗い所に入りますので単独では撮れませんでした。
    後ろの大きいのがオオルリの♀です。
c0320588_23333504.jpg
    明日はオオルリを狙ってみます。




by y-murakami3 | 2015-09-14 23:50 | Comments(0)
2015年 09月 13日

夏の思い出 Ⅱ

アサギマダラ (和名=浅葱斑) 前翅長=4.0~6.0cm(翅を広げると10.0cm)
この日はコマドリが駄目でルリビタキに切り替え撮影場所を移動する途中、バンゴンソウの群生地にアサギマダラがたくさん乱舞していましたので何とはなく2~3枚撮って見たら綺麗だったので、後は夢中で撮りました。
アサギマダラは今まで何度も見かけてはいましたが別に気には止めずスルーしていました。
今回興味が沸いてきたので読売新聞、毎日新聞、NHKの「ダーウインが来た」等で調べてみました。
バンゴンソウ群生地の一部
c0320588_23092844.jpg
c0320588_22353839.jpg
c0320588_22354683.jpg
c0320588_22355491.jpg
c0320588_22360297.jpg
c0320588_22361034.jpg
c0320588_22361791.jpg
c0320588_22362408.jpg
c0320588_22363220.jpg
「旅をする蝶(長距離移動)」として有名で台湾や沖縄・四国等から北上し、夏の間は標高1,000以上の高原地帯で生息しますが、夏の終わりから秋には、北上した蝶の子や孫が低地へ下り、そして南へと移動して行きます。
全国に「アサギマダラを調べる会」などの観察組織があり、翅に油性ペンでマーキングをして放し、次にその蝶が見つかった場所を
結んで移動経路を調査しています。
例えば大阪府生駒山で放したアサギマダラが、沖縄・八重山諸島の与那国島(日本最西端)まで1.680kmを17日間で飛んだ記録があり、山形・蔵王スキー場で放したアサギマダラが与那国島・久部良岳の山頂で見つかりました(移動距離2,246km)。
他には長野県大町市で放たれたアサギマダラが台湾南西部の島で捕獲されました(移動距離は2,190km)。
和歌山県からマーキングして放たれたアサギマダラが、83日後に香港で捕獲されました(移動距離は2,500km)。
年々最長移動距離が塗り替えられ新聞などでも紹介されています。
アサギマダラが好む気温は21,0℃前後で、暑さに弱く29,6℃度ともなるといっせいに木陰の葉裏で休みます。この温度が渡りをする理由のようです。また南下の場合は上昇気流に乗って上に上がり、次に滑空で前に進みますが1日1,000kも飛ぶ北上に比べ、南下には倍の時間がかかるのは季節風の関係だそうです。
時には疲れると海の上で集団で「四つん這い」になって休憩しながら海を渡って行くそうです。
秋には大分県国東半島沖の姫島や、春には美大島の東の喜界島などが国内有数の大規模中継所で何千という数のアサギマダラが集まり、
3〜4日ほど滞在して渡る体力をつけてから秋は南へ、春は北へと飛び立って行くといいます。
蝶の寿命は孵化後 ・モンシロチョウ ♂は10日、♀は20日 ・アゲハチョウ ♂は10日、♀は14日 ・オオムラサキは1~2ケ月 ・アサギマダラは4〜5ケ月です。
アサギマダラは渡り鳥と違って同じ個体が戻って来るのではなく、新たに繁殖した世代の蝶が親の生まれ故郷を目指して渡って行きます。なぜ渡り鳥のように季節によって長距離を集団で移動するというメカニズムはまだ解明されていません。
何十年と調査研究されていても、まだまだ不思議なことが沢山あるようですね。






by y-murakami3 | 2015-09-13 19:12