義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 27日

サギの婚姻色

    コサギ 婚姻色= 虹彩:青緑色 目先:ピンク 足指:赤 頭:冠毛が生える
c0320588_19023885.jpg
c0320588_19031035.jpg
    アマサギ 婚姻色 =アイリング:赤み 目先:赤紫色 嘴:朱赤色 足:朱赤色(冬羽は全身白くなります)
c0320588_19123999.jpg
c0320588_19164859.jpg
    ササゴイ(在庫)  婚姻色= 目先:青 嘴:全体が黒 足:赤み
c0320588_19203077.jpg
c0320588_19202382.jpg


by y-murakami3 | 2016-05-27 20:15 | Comments(2)
2016年 05月 25日

サギのコロニー

近くのサギのコロニーでは、オオサギ・チュウサギ・コサギ・アマサギ・ゴイサギなどが繁殖行動で賑わっています。
すでに巣が完成して抱卵中のもの、求愛中のもの、巣の機材を一生懸命に運ぶものなどこの時季は賑やかです。
c0320588_17040002.jpg
c0320588_17050039.jpg
    チュウサギ 婚姻色= 虹彩:アカ橙色 目先:黄緑色 
c0320588_17175284.jpg
c0320588_17182471.jpg
    ダイサギ 婚姻色= 虹彩:赤橙色 目先:コバルトブルー 足:赤み、濃いピンク色
c0320588_17043076.jpg
c0320588_17244078.jpg
c0320588_17274569.jpg


by y-murakami3 | 2016-05-25 20:45 | Comments(0)
2016年 05月 22日

エナガ

近くの公園でエナガ団子を狙っていたのですが、ご無沙汰している間に巣立ちしていました。(残念!)
こんなに大きくなりました。
c0320588_10492876.jpg
c0320588_10493455.jpg
c0320588_10494179.jpg
c0320588_10494810.jpg
c0320588_10495421.jpg
c0320588_10500167.jpg
c0320588_10500892.jpg
c0320588_10501404.jpg


by y-murakami3 | 2016-05-22 20:36 | Comments(0)
2016年 05月 20日

ムナグロ

アメリカのグループがムナグロの生態を調査したところ、秋は繁殖地(ロシアやアラスカ等)から太平洋をノンストップでオーストラリア等の越冬地まで南下し、春はその越冬地から北西に進んで主に日本に立ち寄り、そこから北または北東に進路をとってロシアやアラスカの繁殖地に渡るという事が分かった。
日本が重要な中継地となっていて、春には多くのムナグロが飛来しますが(平均3週間位い滞在)、秋は飛来数が少ないという訳です。
年間に太平洋を大きな時計回りをしている事になります。すごいですね!
しかし、渡りの距離が世界一長い鳥は「キョクアジサシ」(35cm・鳩くらい)や「ハシボソミズナギドリ」(42.5cm)などは北極圏と南極圏の間を年間に往復(32,000km)しています。
c0320588_18562409.jpg
c0320588_18563377.jpg
c0320588_18564215.jpg
c0320588_18564959.jpg
c0320588_18565804.jpg
c0320588_18570598.jpg



by y-murakami3 | 2016-05-20 21:43 | Comments(0)
2016年 05月 17日

キアシシギ

シギ類は旅鳥なので春(4月~5月)に越冬地のインドネシアやフイリッピン、オーストラリアから渡来し、日本で1ケ月位い体力を付けてから繁殖のためシベリアやカムチャッカ半島へ飛んで行きます。
秋(7月~8月)にはシベリアなどから渡来し、体力を付けてから越冬地のインドネシア等へ飛んで行きます。
海岸などでは群で行動しますが、近くの田んぼには毎年7~9羽が飛来してくれます。
c0320588_21181434.jpg
c0320588_21183261.jpg
c0320588_21185339.jpg
c0320588_21185947.jpg
c0320588_21190443.jpg
この田んぼで夏羽のアカガシラサギを撮ったCMがいたので捜していますが・・・。
都内の公園のアカガシラサギがカラスに追われて2日頃からいなくなりましたので・・・。
近くの公園のエナガの雛は日増しに大きくなり親と一緒に飛び回っています。



by y-murakami3 | 2016-05-17 21:46 | Comments(0)
2016年 05月 15日

ルリビタキ

ルリビタキの♀も姿を見せてくれました。
c0320588_21571845.jpg
c0320588_21573835.jpg
コガラ(L=12.5cm)も近くに・・・。
頭部の黒色部に光沢がなく、顔や対下面は淡色。上面は灰褐色、翼は黒味のある灰褐色で大雨覆と風切の羽縁は白色です。
c0320588_21580164.jpg
c0320588_21575212.jpg
c0320588_21580807.jpg
コガラはシュジュカラ科の仲間で他によく似たヒガラ(L=11.0cm)がいます。
コガラとの違いは、ヒガラには頭に黒くて短い冠羽があり翼に2本のは白線があるので私はここで見分けています。
c0320588_22162614.jpg
シジュウカラ(L=14.5cm)は胸から腹を通る黒くて太い縦線があり羽には白線が1本あります。
身体も他の2種より大きいのと「ネクタイ」をしているので簡単に見分けられます。
c0320588_22161832.jpg



by y-murakami3 | 2016-05-15 23:03 | Comments(0)
2016年 05月 11日

キビタキ

愛鳥週間が始まりました。一週間だけではなく年中鳥を愛して欲しいですね。
こちらはオオルリと違って至るところで撮らせてくれました。
この日の出演者は3~4羽?でした。
c0320588_21170708.jpg
c0320588_21172987.jpg
c0320588_21172264.jpg
c0320588_21171590.jpg
c0320588_21165995.jpg
c0320588_21190952.jpg
c0320588_21191743.jpg



by y-murakami3 | 2016-05-11 21:29 | Comments(0)
2016年 05月 09日

オオルリ

近くの公園では中々撮れなかったので山に会いに行って来ました。
c0320588_10455148.jpg
c0320588_21110887.jpg
c0320588_21112780.jpg
c0320588_21110195.jpg
c0320588_10472335.jpg
Y氏の新車で彼のマイポイントに同行させて貰いしましたが、山里からつづら折に高度が上がるにつけてミソサザイ・オオルリ・
コルリ・キビタキ等が次から次と大きな声で囀っていたり、車の前を横切ったり窓のすぐ近くに停まっていたり兎に角すごい山でした。
かなりの夏鳥が入っていると思われます。
ただ、車がほとんど通らないし車を止めて降りる人などいないので人には全然慣れていません(当たり前ですが・・・)。
コルリはよく囀りますが姿は中々見せませんし、オオルリも難産でした。
撮り鳥はまだ未熟だと言うことを再痛感しましたが、何故か楽しい1日でした。







by y-murakami3 | 2016-05-09 22:45 | Comments(0)
2016年 05月 05日

ムナグロ

公園は「こどもの日」と云う事もあって家族ずれで賑わっていました。
残念ながら夏鳥の姿は見られなかったので水鳥の様子を見に行ったところ、田んぼの東側にはムナグロ52羽、チュウシャクシギ3羽、西側にはムナグロ61羽、チュウシャクシギ4羽、キアシシギ3羽が入っていました。
例年だとこれにキアシシギがもう少し増え、その後トウネンやキョウジョシギが来て、少し遅れてアカエリヒレアシシギなどが飛来します。ただこれらは2~3日で抜けてしまうこともあるので、毎日パトロールして見つけなければ撮れません。
今日は徒歩でカメラを持っていかなかったので在庫から・・・。
c0320588_10432302.jpg
c0320588_10433014.jpg
c0320588_10433859.jpg
最近はあぜ道や農道の両サイドに除草剤?が撒かれているので米や鳥などに影響が出ないか心配です。
現在田植えの真っ最中なので農家の方達に迷惑を掛けないように注意しながら撮りに行きたいと思います。





by y-murakami3 | 2016-05-05 22:41 | Comments(0)
2016年 05月 04日

キビタキ

明日は「こどもの日」で暦の上では「立夏」です。
田んぼにはムナグロ20~30羽、チュウシャクシギ10羽位が入っていますが、夏鳥は相変わらず中々撮らせてくれません。
やっと撮れたのが・・・。
    キビタキ♂
c0320588_10392831.jpg
c0320588_10393701.jpg
c0320588_10401218.jpg
c0320588_10401986.jpg
    センダイムシクイ
c0320588_10384904.jpg
c0320588_10390328.jpg
c0320588_10391721.jpg
    ツツドリが鳴きながらまだ来てくれています。



by y-murakami3 | 2016-05-04 22:33 | Comments(0)