<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 31日

シメ

人さえ通らなければ5~10分位は黙々と餌を捕食しますが、同じ場所ばかりの画像になってしまうので掲載できず位置が変わるのを時間を掛けて待ちます。
c0320588_22102245.jpg
c0320588_22103512.jpg
c0320588_22104354.jpg
c0320588_22105066.jpg
c0320588_22105845.jpg
c0320588_22110478.jpg


by y-murakami3 | 2017-01-31 21:36 | Comments(0)
2017年 01月 30日

ルリビタキⅢ

この公園には2羽のルリビタキが居ついてくれています。
当然テリトリーを分けて生活していますが、2羽とも昨年生まれの若鳥なので雌雄の区別(♂の羽が瑠璃色に変わるのには2年位かかる)が非常に難しく判断できませんでしたが、最近1羽の方の体側面のオレンジ色や尾羽の上面の青色が前より濃くなり、背中にも青が少し混じってきましたのでこちらが♂だと思います。
ただ角度や光にもよりますので、これからも楽しみに見守ていきたいと思います。区別がつくまでは2羽共一緒に掲載させて頂きます。
c0320588_21355254.jpg
c0320588_21360100.jpg
c0320588_21360853.jpg
c0320588_21361424.jpg
c0320588_21362222.jpg
c0320588_21363053.jpg
c0320588_21364876.jpg
c0320588_21365495.jpg



by y-murakami3 | 2017-01-30 21:45 | Comments(0)
2017年 01月 29日

ルリビタキⅡ

ルリビタキはもともと薄位い林を好み人の高さより下を生活の場とし、下枝に止まって地上を見張り昆虫類や種、果実を見つけると舞い降りて捕食します。
今のような冬場で樹木の少ない場所などでは、地上をピョンピョン飛び跳ねて餌を探し小さな木があれば止まり又地上を飛び跳ね一時もじっとしてくれません。
c0320588_21550407.jpg
c0320588_21551246.jpg
c0320588_21552296.jpg
c0320588_21553035.jpg
c0320588_21554670.jpg
c0320588_21555753.jpg
c0320588_21560417.jpg
c0320588_21561234.jpg


by y-murakami3 | 2017-01-29 21:30 | Comments(0)
2017年 01月 27日

ルリビタキ

ルリビタキを毎日撮っていてアネハヅル、白鳥、アカハラなどを先に開示していたら、ルリビタキの在庫が沢山溜まってしまいました。
c0320588_22120029.jpg
c0320588_22120840.jpg
c0320588_22121670.jpg
c0320588_22122495.jpg
c0320588_22124193.jpg
c0320588_22123408.jpg


by y-murakami3 | 2017-01-27 22:13 | Comments(0)
2017年 01月 25日

コハクチョウ

白鳥の飛来地へ立ち寄って来ました。
コハクチョウが毎年300羽以上飛来するので有名な沼で、餌となる「マコモ」などの水生植物が豊富にありオナガガモ、コガモ、ハシビロガモ、カルガモなども数百羽以上が越冬しています。
太陽が沈みかけ「ねぐら」に戻り始めたのでレンズを取り替える暇もなく急いで撮らざるを得なくなりました。
孫達も白鳥の鳴き声や水面を走る音、羽音など直近で見ることが出来たので喜んでいました。
c0320588_22022340.jpg
c0320588_22023199.jpg
c0320588_22023970.jpg
c0320588_22024613.jpg
c0320588_22025349.jpg
c0320588_22030277.jpg
c0320588_22031036.jpg
c0320588_22031787.jpg


by y-murakami3 | 2017-01-25 20:21 | Comments(2)
2017年 01月 24日

アネハヅルⅢ

飛ぶところを撮りたくて待っていたのですが、反対側に飛んでしまいましたので諦め、孫達に
ハクチョウを見せようと引き上げました。
c0320588_22420205.jpg
c0320588_22421450.jpg
c0320588_22431591.jpg
c0320588_22422222.jpg
c0320588_22423045.jpg
c0320588_22425104.jpg



by y-murakami3 | 2017-01-24 20:38 | Comments(0)
2017年 01月 23日

アネハヅルⅡ

目的地の田んぼのあちらこちらに車が停まっていましたがCMの多い所に向かいました。
    まず目の前で・・・
c0320588_21450713.jpg
c0320588_21452150.jpg
    ウッ!上空に黒い雲が・・・
c0320588_21454938.jpg
    いきなりミゾレが・・・
c0320588_21492048.jpg
    5分位で晴れました
c0320588_21501823.jpg
c0320588_21502693.jpg



by y-murakami3 | 2017-01-23 21:53 | Comments(0)
2017年 01月 22日

アネハヅル

L=95cm 和名=姉羽鶴 (名前の由来=凛として美しい女性のごとき羽の鶴)
ツル類では最小(タンチョウツルは翼開長=2,0m アネハヅルは0,6~0,9m)
世界で2番目に多いツル(1番はカナダヅル)で、眼の後方に房状の白い飾り羽があるのが特徴です。
チベット草原などで繁殖し、世界の屋根のヒマラヤ山脈(6,000~8,000m)を越えてインドなどで越冬し、日本へは迷鳥として飛来します。
NHKの「ワイルドライフ」で、数百羽~千羽のアネハヅルがV字編隊で上昇気流に乗りヒマラヤ山脈を越える映像を見ることができます。
c0320588_21591293.jpg
c0320588_21592001.jpg
c0320588_21592813.jpg
c0320588_21593634.jpg
c0320588_21594301.jpg
   初見初撮り
今換羽(冬羽から夏羽へ)の真っ最中です。

情報を頂いたKさんありがとうございました。遊びに来ていた孫達と駆けつけ写真に収めることが出来ました。孫達もデジカメで撮ることが出来たと大喜びでした。


by y-murakami3 | 2017-01-22 22:17 | Comments(0)
2017年 01月 20日

アカハラ

今日は大寒です。寒気の影響で全国的に大雪が続き関東平野でも雪が舞いました。
この公園は早朝から散歩やジョギング、犬の散歩などで賑わいますが、道以外(柵の中)や池の周り、雑木林の中を普通に散策する人も多いのです。
その為小鳥は落ち着いて地面で餌を拾うことが出来なく茂った木の中に隠れ、人が切れた頃に降りてきて餌を拾います。その繰り返しで人には慣れ下草も綺麗に刈り取られていますので、こちらが動かないでジックリ待てば撮り続ける事が出来ます。
c0320588_22244705.jpg
c0320588_22253230.jpg
c0320588_22260701.jpg
c0320588_22263759.jpg
c0320588_22292043.jpg
c0320588_22270700.jpg



by y-murakami3 | 2017-01-20 23:59 | Comments(0)
2017年 01月 17日

ルリビタキ

居ついてくれてるルリビタキが今年は遊んでくれそうです。
でも何故か人に慣れているのが少し気になりますが、他にはアトリ、シメ、シロハラ、アカハラなども居ついてくれていますので毎日通っても楽しめそうです。
c0320588_21591797.jpg
c0320588_21592667.jpg
c0320588_21595272.jpg
c0320588_22000065.jpg
c0320588_22000875.jpg


by y-murakami3 | 2017-01-17 22:22 | Comments(0)