2017年 03月 29日

シロハラ

今期は藪の中から出てきて沢山モデルになってくれました。
もう一つのモデルのモズ♂は大事な尻尾を抜かれて可哀そうな姿になりました。犯人は・・・。
c0320588_12564059.jpg
c0320588_12561107.jpg
c0320588_12561897.jpg
c0320588_12563335.jpg
c0320588_12562624.jpg
c0320588_12560139.jpg


# by y-murakami3 | 2017-03-29 21:46 | Comments(0)
2017年 03月 27日

ハジロカイツブリ

今日は早朝から真冬並みの寒気が流れ込み関東各地の平野でも雪が降り震え上がりました。
明日からは平年並みに戻り桜の花も一斉に開き始めることでしょう。
この日も近くに来てくれましたが、海上の写真は何枚撮とっても同じ画になってしまいます。
    ハジロカイツブリ
c0320588_22212129.jpg
c0320588_22213413.jpg
c0320588_22215053.jpg
c0320588_22210181.jpg
    イソヒヨドリ♂
       ♂がやっと撮れましたがこれまた同じ場所から動いてくれませんでした。
c0320588_22231043.jpg
c0320588_22232724.jpg
c0320588_22233760.jpg
c0320588_22234816.jpg
c0320588_22235526.jpg
c0320588_22240336.jpg
        この日の歩数は13,792歩となりました。


# by y-murakami3 | 2017-03-27 22:00 | Comments(0)
2017年 03月 26日

スズガモ

この日は♂が近づいてくれましたが、♀を撮るのを忘れてきました。
c0320588_20380964.jpg
c0320588_20382358.jpg
c0320588_20383133.jpg
c0320588_20384154.jpg
c0320588_20385234.jpg
c0320588_20390350.jpg
c0320588_20391340.jpg
c0320588_20392197.jpg
近況
自宅での金柑採り
金柑は九州地方では多く栽培されていて身近にありましたので、子供の頃からこの時季には実をもいで普通に食べていました。
我が家では30数年前に植えたものが3.2mの大きさに育ち8.7kg(昨年は9.4kg)採れました。
ヒヨドリとメジロに少し残して後は近所に配り我が家では甘露煮とジャムを作りました。


# by y-murakami3 | 2017-03-26 21:23 | Comments(0)
2017年 03月 25日

ウミアイサ

この日の目的だったミコアイサには会うことは出来ましたが、♂は沖の方にいて1時間位待ってみても残念ながらこの日は寝ていて岸までは近づいて来てくれませんでした。
2羽の♀達は近くまで来てくれたので沢山撮る事が出来ました。
c0320588_22022246.jpg
    カイカイ~
c0320588_22043046.jpg
c0320588_22045593.jpg
    食事中
c0320588_22050988.jpg
c0320588_22054448.jpg
c0320588_22052563.jpg
c0320588_22044269.jpg
c0320588_22062792.jpg



# by y-murakami3 | 2017-03-25 21:34 | Comments(0)
2017年 03月 23日

クロツラヘラサギ

今年もクロツラヘラサギとヘラサギがペアーで行動しているので会いに行ってきました。
同じペリカン目トキ科とはいえ生まれも育ちも環境が全然違うのにペアーで行動しているのが不思議です。
双方とも全身が真っ白で嘴も黒くて長く先端部がヘラ状になっていますので遠くからでは見分けがつきませんが、良く観察するとクロツラヘラサギの方が少し小さく眼先の裸出部が嘴とつながり仮面を被ったように見えるのに対し、ヘラサギは眼先の裸出部が狭く眼がはきりと見えるのと嘴の先端が黄色なので区別できます。
    クロツラヘラサギ
c0320588_13232859.jpg
c0320588_13233609.jpg
    ヘラサギ
c0320588_13245596.jpg
c0320588_13250555.jpg
    何時も一緒に
c0320588_13261665.jpg
c0320588_13260305.jpg
クロツラヘラサギ (和名=黒面箆鷺)75cm
環境省第4次レッドリスト=絶滅危惧IB(毎年減少気味)
朝鮮半島の38度線付近や中国の離島などで繁殖し、台湾や中国、日本等で越冬します。
成鳥の夏羽は後頭に黄金色の冠羽があり、喉や胸も黄金色を帯びます。
毎年、東南アジアの各国(8ヶ国)で「クロツラヘラサギの世界一斉センサス」が行われ2016年は3,356羽が確認されました。
国内(383羽)の越冬地別では我が熊本が過去13年間、特にここ3年間はダントツでトップです。

ヘラサギ (和名=箆鷺)85cm
環境省第4次レッドリスト=情報不足
ユーラシア大陸とインド、ヨーロッパ東部などで繁殖、アフリカ、ペルシャ湾沿岸からインドなどで越冬します。
成鳥の夏羽は後頭に黄金色の冠羽があり、喉や胸まわりの露出部も黄金色を帯びます。


# by y-murakami3 | 2017-03-23 22:31 | Comments(0)