義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 18日

コサメビタキ

L=13cm (和名=小鮫鶲) スズメよりやや小さい。
日本では夏鳥として九州から北海道に繁殖のため飛来し、冬季はインドから東南アジアで越冬します。
平地から山地の落葉広葉樹林など林内に空間がある明るい林などに生息します。
頭部から体上面は灰褐色で翼、尾は暗灰褐色です。雨覆、風切の羽縁は白色です。
アイリングは白色で、目先が白っぽくなる傾向があります。
腮以下の体下面は淡灰褐色で白っぽくみえます。
嘴は黒褐色。下嘴は基部から半分位は橙黄色でサメビタキ、エゾビタキに比べて嘴角が広い。
c0320588_23074834.jpg
c0320588_23075531.jpg
c0320588_23080002.jpg
c0320588_23080613.jpg
c0320588_23081271.jpg
c0320588_23081956.jpg
ズミの花は大雨で散ってしまっていました。
各県で絶滅危惧(ランクに違いはある)に指定されています。東京、神奈川など34都府県(野生生物調査協会)
自然環境の悪化で小さい弱いものから消滅して行くのでしょうか(食物連鎖)。未来を覗くのが怖いですね。


by y-murakami3 | 2014-06-18 23:16


<< サカツラガン      コマドリ >>