義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 08日

コゲラ

L=15cm (和名=小啄木鳥) スズメ大で日本産のキツツキ類の中では最小です。
留鳥として、全国の低地や低山の林、公園などに生息します。
頭上から後頸は灰褐色で、体の上面は黒褐色。背と翼には白い横班があります。
尾の先端はキツツキ科の特徴で、くさび形です。中央尾羽は黒く、外側尾羽は白地に黒い横班があります。
眉班、頬線、頸の両側は白く、顔は灰褐色と白のまだらに見えます。
嘴は短くて細く灰褐色です。足は灰褐色で、虹彩は淡褐色です。
雄は後頭側に小さな赤い班がありますが、求愛の時期や警戒時以外はほとんど見えません。
c0320588_13350203.jpg
巣作り!中の木屑を口にくわえて外に出す作業中です
c0320588_13352381.jpg
ブルブルっと豪快に頸を振って!
c0320588_13353611.jpg
交代の時間です
c0320588_13354442.jpg
コンニチハ!中にまだ兄弟が3羽います(巣作りから40日目)
c0320588_13360300.jpg
僕が長男です(赤い班が見えます)
c0320588_13360943.jpg
私が長女です
c0320588_13361646.jpg
ワーイ!チョウダイ!チョウダイ!
c0320588_13362267.jpg
ハヤクー!
c0320588_13363084.jpg
ワタシモ!
c0320588_13363631.jpg
ワタシニモー
c0320588_13364222.jpg
次男と次女です
c0320588_13365449.jpg
他の幹にも
c0320588_13370282.jpg
キツツキ科のドラミングは幹などに足と尾3本で立ち、嘴で穴を開けて巣穴を作るためだったり、樹皮の中に隠れている虫を食べるため(名前の由来)とか、縄張り宣言やコミニュケーションのためとか、機銃掃射のようにダララララ・・と音を響かせます。
つつく回数はコゲラで1秒間に25回、アカゲラは18~22回、アオゲラは16回とされています。
囀りは出来ないのでドラミングのみで意思疎通をします。嘴は磨耗しますが、人の指の爪みたいに伸びてきますのでご安心を。
キツツキの特徴の1つに趾(あしゆび)の配分があります。普通の野鳥は前趾が3本、後趾が1本ですが、キツツキの仲間は前趾が2本で、後趾も2本です(対趾足)。木をつつくには、これが一番適しているんでしょうね。
歌人の石川啄木のペンネームは啄木鳥(キツツキ)から付けたと言われています。



by y-murakami3 | 2014-07-08 13:47


<< サンコウチョウ(雛)      ケリ >>