義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 17日

ヨシゴイ

水辺の忍者
L=36cm (和名=葭五位)
主に夏鳥として全国に渡来し、水田、湿地、アシ原などで繁殖します。
西南日本では稀に越冬し、琉球地方では冬鳥です。
雄は額から頭頂にかけて青みがかった黒色です。
頸部から胸部にかけて不鮮明な淡褐色の縦縞が1本入っています。
体は黄褐色で飛ぶと風切が黒く、雨覆は黄褐色です。
雌は額から頭頂が赤褐色で、下面に不明瞭な褐色縦班があります。
頚部から胸部にかけて不鮮明な褐色の縦縞が5本入っています。
嘴はオレンジで、虹彩は黄色です。
ヨシ原を低空飛行したり、水辺や植物の茎の間で獲物を待ち伏せし、通りかかった獲物を
頚部を伸ばして捕食します。
c0320588_22435411.jpg
c0320588_22442329.jpg
(首をのばして)  ン! 何カイルゾ!

c0320588_22444348.jpg
ゲット!
c0320588_22475499.jpg
ヤッタゼ!
c0320588_22500032.jpg
こちらでも ヤッタゼ!
c0320588_22512566.jpg
大きい魚は突いて!
c0320588_22520102.jpg
身震い
c0320588_22535024.jpg
幼鳥
c0320588_22553014.jpg
兄弟たち
c0320588_22561503.jpg
ワーイ! 食事ダ~!
c0320588_22571984.jpg
コレガ僕タチノ食事風景デ~ス!
c0320588_23020053.jpg
ワ~イ! 僕ニモ~! 私ニモ~!
c0320588_23035573.jpg
飛翔
c0320588_23044929.jpg
水辺の忍者と呼ばれる訳は、ヨシ原を歩くときはヨシの茎をお足で掴み、地上に降りることなく草を渡り歩く「忍者歩き」
上空から敵が近づけば、ヨシの葉そっくりになりきる「葉隠れの術」
水面がハスの葉に覆われると、不安定なハスの葉を軽々と移動する「水くもの術」などです。
狩の腕前は超一流です。ヨシやハスの茎にじっと掴まり、身じろぎもせずに獲物を待ち小魚が近ずいた瞬間、首を普段の2倍以上
の長さに伸ばし、一瞬で仕留めます。ある時はくわえ、ある時は突き刺し実に見事です。
狩の成功率は90%で動物界トップクラスと云う名ハンターです。





by y-murakami3 | 2014-08-17 23:38


<< ゴジュウカラ      セイタカシギ >>