義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 24日

オオジュリン

第三弾 オオジュリン
L=16cm (和名=大寿林) スズメとほぼ同じ位の大きさです
留鳥または漂鳥として北海道、本州北部の平地の限られた草原、ヨシ原、草地などで繁殖し
冬季には本州以南のヨシ原、草地、農耕地などで生息します。
雄の夏羽は頭部、腮から胸は黒色で、頬側線から後頸,胸側から体下面は白色です。
この夏羽が頭から喉に掛けて黒くなるのは、羽毛が生え変わるのではなく、冬羽の赤褐色の部分が磨耗し、
より内側の黒い部分が表に現れてくることによります。
背以下の体上面は茶褐色で、黒褐色の縦班があります。
雌は頭部から体上面は淡褐色で、背、雨覆は茶褐色で、黒褐色の縦班があります。
頭側線、頬、顎線は黒褐色と淡褐色の班があり、頭央線は淡褐色です。
嘴は上下とも嘴峰は丸みを帯びて黒褐色で、会合線、下嘴は灰褐色みがあります。
足は暗褐色で、特に踵が黒いです。
c0320588_15044548.jpg
c0320588_15045369.jpg
c0320588_15050127.jpg
c0320588_15050884.jpg
c0320588_15051814.jpg
c0320588_15052517.jpg
c0320588_15053299.jpg
c0320588_15053890.jpg
c0320588_15054440.jpg
c0320588_15055125.jpg
頭、顔、喉など段々黒くなってきました。


by y-murakami3 | 2015-02-24 17:17


<< ホオジロ      富士山の日 >>