義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 10日

ブルーインパルス

松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」がアクロバット飛行を披露する専門のチームです。
世界の曲芸飛行隊のなかでも、スモークを使用して空中に描画を行うのが得意なチームとしても有名です。
T-4の6機の機体が大空で展開する一糸乱れぬフオーメイション、そしてダイナミックなソロ演技と次から次へ繰り広げられる驚異のパフォーウマンスに本当に感動しました。
    ダイヤモンド・テイクオフ
       4機編隊で離陸しダイヤモンドの形を作り、機と機の間は約1mを密
       集させたまま会場を左から右へと旋回して行きます。
c0320588_17043088.jpg
c0320588_17041786.jpg
c0320588_17044994.jpg
c0320588_17050386.jpg
c0320588_17051341.jpg
c0320588_17054705.jpg
c0320588_17055842.jpg
ブルーインパルスの排気口から出ている白煙は、航空機で使用しているオイルをエンジンの排気口に噴射することで、エンジン排気の熱によって一瞬で気化します。しかしすぐに冷却されてスモーク中の水分が凝固しそれが白煙になって見えます。黒煙に見えるのは光の関係(逆光など)です。
出したり止めたりは操縦席で自由に調整することができます。

飛行機雲の出き方は2つあり、1つ目はエンジンから出る排気ガスが作り出す雲です。これはきちんとした普通の雲で、人が冬の寒い日に息を吐くと、白くなるのと同じです。
2つ目は飛行機の主翼などの後ろに空気の渦ができて、部分的に気圧と気温が下がり水分が冷やされるためにできる飛行機雲、とがあります。
飛行機雲は飛行機の飛ぶ高さや上空の温度、湿度、空気の流れなど条件が揃わないと発生しないのです。





by y-murakami3 | 2016-12-10 21:12


<< ブルーインパルスⅡ      百里基地航空祭 Ⅵ >>