義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 19日

ソリハシセイタカシギ(アボセット)

L=42~45cm (和名=反嘴背高鷸)
カスピ海からユーラシア大陸、バイカル湖の南部モンゴル周辺等で繁殖し、ヨーロッパ、地中海周辺、中国南部等で越冬します。
日本にはごく稀に飛来する珍しい旅鳥です。
雌雄同色。上に反り返った嘴が特徴的で頭、後頸、肩羽、雨覆と初列風切が黒色でその他は白色です。
嘴は黒色、足は長くて青灰色、眼の上下に白いアイリングがあります。
c0320588_21462160.jpg
c0320588_21463097.jpg
c0320588_21464533.jpg
c0320588_21465458.jpg
c0320588_21470682.jpg
c0320588_21471502.jpg
c0320588_21472391.jpg
   初見初撮り

I 夫妻と久し振りに会い情報交換しましたが、彼の写真の中で妻が特にホオジロカンムリヅルに興味を持ったのと、私が撮りたいソリハシセイタカシギ・セイタカシギとを狙って遠征して来ました。I 氏には1日同伴して頂きありがとうございました。
鳥友の先輩が「今迄いろんな所にソリハシセイタカシギを撮りに行って来たけど、ここが一番人馴れしていて近くで撮れた」と喜んでいました。
何かと忙しく今日まで処理出来ませんでした。沢山撮って来たので整理が出来次第公開させて頂きます。



by y-murakami3 | 2017-05-19 22:31


<< ソリハシセイタカシギ(アボセッ...      キョウジョシギ >>