義弘の 足の向くまま 気の向くまま

ymurakami3.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ホオジロカンムリズル ( 2 ) タグの人気記事


2017年 05月 26日

ホオジロカンムリズル Ⅱ

ここには6年前から毎年4月半ばから10月末迄この地に飛来するよになったそうです。
毎日、決まったように朝7時頃に飛来し夕方5時のチャイムを合図にねぐらに帰って行くそうです。
何故か車が好きとかで車の上や屋根に登ったりします。
c0320588_22480755.jpg
c0320588_22481875.jpg
c0320588_22483147.jpg
c0320588_22484063.jpg
c0320588_22485079.jpg
c0320588_22485915.jpg
c0320588_22491863.jpg
c0320588_22504749.jpg
c0320588_22505648.jpg
c0320588_22510696.jpg
餌を獲る時は、地面を叩いて驚いて出びでして来た小動物や昆虫などを捕食します。
喉の赤い袋を膨らませて独特な低く大きな声で何度も鳴きましたが、カメラに収めることは出来ませんでした。
頭頂の金色の羽毛は、1本ではなく人間の編み込みのように小さな毛を数本をねじったような生え方をしています。
子育てはサバンナに点在する水場で、巣に接近するものは全て敵とみなし、地上最大のアフリカゾウに対しても夫婦そろって2メートルの翼を広げて立ち向かい撃退します。(ダーウィンが来た 421回 2015.07.26)
より)


by y-murakami3 | 2017-05-26 21:27
2017年 05月 25日

ホオジロカンムリズル

普段は動物園などで見られる鳥ですが、篭脱けして飛来するようになったようです。
6年ほど前に新聞やTVで紹介された時は各地(遠くは兵庫、京都)から毎日多くのCMがやって来て近くのお寺の駐車場などに大変迷惑を掛けたそうです。
昨年も民家で飼われていた2羽が7月に逃げ出し袖ヶ浦公園にやって来ていますが、CMは子供達のお手本になるようにマナーを守って貰いたいですね。
ホオジロカンムリズルは外来種なので熱心なバードウオッチャーの方は見向きもしないのですが、女性には大変人気が高いようです。
私も妻に促されて行ってきました。
c0320588_15451561.jpg
c0320588_15452384.jpg
c0320588_15453189.jpg
c0320588_15454043.jpg
c0320588_15455066.jpg
c0320588_15455705.jpg
c0320588_15460688.jpg
c0320588_15461412.jpg
c0320588_15462256.jpg
   初見初撮り
  ホオジロカンムリズル
L=1,2m (和名=頬白冠鶴)
ケニア、ウガンダなど南アフリカ東南部で生息。ウガンダの国鳥で国旗にも描かれています。
カラフルで優雅な姿が美しく、特に頭部の放射状に広がった金色の冠羽が特徴です。
足の指の内1本は後ろに向かって生えているので木に止まる事が出来ます。
ツル科(世界15種)の中で樹上で休む事が出来るのはホオジロカンムリズルだけです。



by y-murakami3 | 2017-05-25 21:20